小さなミスターがネトゲやリアルで奮闘する御話


by inuis31
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

復讐と鬣のロンド 十

 十話 終幕は悲しみと共に


 戦いは、刃が触れ合い鉄が奏でる序曲と共に始まった。
 グレートブリッジの上で、ブレイズスラッシュとストライクスマッシュがぶつかり合い。ベゼルとヴァンは互いの息遣いが聞えるほど肉薄した。
「お前では、我に勝てぬ」
 ベゼルは馬鹿が付くほどのほどの力で吹き飛ばされる寸前。耳元で嘲け笑うような台詞が聞えた。
「先の戦いでも思ったが、つくづくふざけた野郎だな」
 ベゼルは吐き出すように言い返した後、軽いステップで吹き飛ばしの勢いを殺す。
 続いて踏み込んだ足に力を入れると、剣を振って技を飛ばした。
 振った剣からは槍のような白く鋭い衝撃波が飛び、さほど遠くにいないヴァンを捉えた。
 衝撃波はヴァンの肉体を貫き、激しく血飛沫が飛んだ。
「この程度か!」
 茶々な攻撃と言わんばかりにヴァンは大鎌を振るうと、咆哮を上げた。
 その間を縫い。ベゼルはヴァンの懐に跳びこみ、燃える剣先で軽くヴァンの肉体を凪いでやった。
 傷は掠る程度の深さであったが、最高火力のブレイズスラッシュが腐った肉を原料に激しく燃えた。
「あづづ・・・ ・・・。五月蠅いぞ小僧が!」
 ヴァンは両腕を振って火を払う。共に振り回された鎌は唸りを上げ、火を掻き消し、難を逃れた。
 しかし、それだけではない。
 振り回して振り上げた鎌を、ヴァンの足元にいるベゼル目掛けて急速に迫った。
 ベゼルは深く攻撃をしていないので、これを難なくかわした。が、
「それで避けたつもりか」
 地に堕ちた鎌の威力は、通常ではありえない巨大な振動となって地を這い。周りを巻き込んだ。
 普通なら手が届くほどの周囲を攻撃するドラゴンテイル。だがヴァンの巨大な力と鎌の質量が加わり、常識を超えた技になっていた。
 周りの簡素なテントは原型を留めず崩れ落ち。飛び退いて攻撃範囲外に逃れたはずのベゼルさえ、足を取られ転倒した。
「これで終わりだ!」
 転んで無防備なベゼルに対し、転ばずに余裕の表情さえ浮かべているヴァンがゆっくりと歩み寄ってきた。そして、渾身の力を入れ大鎌をベゼルに振り落とす。
 その攻撃は仰向けのベゼルにとって、避け難い一撃だった。
 それでもベゼルは鎌から逃れようと身体を捻った。
「無駄だぁ、小僧」
 鎌がベゼルの身体を引き裂こうとした瞬間。ヴァンは嘲け笑い、ベゼルは諦めず身体を転がした。
「ガシュ」
 肉を引き裂く音。ではなく、木を切り裂く虚しい音が橋に木霊した。
 ヴァンの必殺の一撃は何も無い足元に食い込み、ベゼルには掠りもしなかった。
「戦いとは何が起こるか分からぬのぉ。そうは思わんか、ベゼル」
 それは諦めなかったべゼルの功績ではなく。横から武器を伸ばし、攻撃の軌道を変えたカール大佐の横槍を入れた結果であった。
「また邪魔をするのか。カール」
 ヴァンは巨大な鎌を肩に置き、不動の体勢で距離もとらず屈むような低い体勢で身構えた。
 戦いの中で一層燃え上がったヴァンの紅い目は、カールとベゼルの両方を睨みつけた。
「だが、死ねば皆同じ!」
 カールと始めて会った時と同じ事を言い。間髪入れずに再び鎌で地面を叩いた。
 遅れてカールも地を叩き、二つの衝撃は反響しあい。再度橋は大きく震えた。
 その震えにたまらずカールは転び、周りのテントの布は大きく飛び上がった。しかし、ヴァンはぴくりとも動かず、これに耐えた。
「俺の勝ちだ・・・?」
 ヴァンはカールに近づこうとした。近づき攻撃を仕掛けようとした。
 だが、目の前の光景に違和感を覚えた。
「俺の勝ちだ。ヴァン」
 それに気付く前に、後ろから声が聞えた。
 ヴァンはすぐさま後ろに振り向こうとしたが間に合わず。剣が左の胸を深く貫いた。
「お前でも、心臓を貫かれたら終わりだろうに」
 剣は半回転して、ゆっくり引き抜かれた。
 抜かれたヴァンは膝を突き虚空を見つめたまま、後方のベゼルに訊いた。
「・・・ ・・・何故動けた。小僧」
「簡単だ。お前みたいに伏せただけだ。意外に耐えれるもんだな」
 ヴァンは技を打ち出す瞬間。身体を伏せることで足元を安定させ、すぐに動ける体勢を保っていた。
 ベゼルは一度でそれに気付き、舞い上がったテントの布の陰から回り込んでいたのだった。
「こ、小僧があぁぁぁ!」
 ヴァンは吼えた。最後を悟り、復讐が成就し得ない現実に向かって、大声で唸った。
 全身にアドレナリンが循環し、ヴァンは死に向かう身体を奮い立たせた。
 生き物の身体は、心臓を抉られたとしても数十秒間は動ける。そのおかげで、ヴァンは再び立ち上がった。
「我は終わる。だがお前達もだ。復讐だ・・・ ・・・復讐だ!」
 ヴァンの身体は熱を持って紅く光り、周囲の空気が音を立てて蒸発していく。
 ヴァンは嘲け笑うような顔で、ベゼルの方を向いた
「ファイナルバーストを知っているか?」
 ファイナルバースト。それはキマイラが拠点を破壊するために、体内のエネルギーを起爆させる大技であり、自爆技。
 しかし、この技の代償にキマイラは絶命する。多大なる損害をその場に残して、だ。
 気付いたベゼルは咄嗟に剣を胸に構え、ヴァンに斬りかかった。
「遅いぞ小僧!」
 ヴァンは無造作に腕を振った。
 予想外の攻撃に、ベゼルは対処する術も無く。橋の手すりに叩きつけられた。
「ぎゃははは―――!」
 ヴァンは技の成功を悟り、天に顔を向け笑った。けれども、その考えは浅はかであった。
 ヴァンは横から強い衝撃を感じ、次の瞬間には橋の外へと吹き飛ばされていた。
「な、何故だ」
 ヴァンを突き飛ばしたのは、カールでもなくフランでもなく、ネツァワルの兵でもなかった。
「何故裏切った。グラム!」
 ヴァンの視線の先にいたのは、剣を携えたグラムであった。
「私はもう、何も失いたくない」
 グラムは橋の下に消える兄から―――、ヴァンから目を離した。
「貴方はもう・・・ ・・・、私の知っている兄さんじゃないから」
 言葉とは裏腹に、心の底から湧き出る悲しみが顔に出ており。細めた眼からは留めなく滴が流れ落ちていた。
「ごめんなさい」
 その後は言葉にならず、グラムは泣き崩れた。
 遅れて、ベインワットは空気を震わす爆発と爆音で悲しみと共に揺れた。






 ついに復讐と鬣のロンドが後一話で最終話。
 長かったのかな~? 書き初めを考えれば長いけど、実際に書いた時間は短いんだよねw

 さて、この十話少しおかしな点もあります。
 それは、ドラゴンテイル(以下ドラテ)に転倒効果がついていることです。
 この小説の考えていた頃には、ドラテには転倒効果があるだけで連続ダメージはありませんでした。
 なので、ゲームと少し違うな。と思われてもどうにもなりません。すいません。
 そういえば、チスターが当初ウォーリアーだった頃ドラテは正直使いませんでしたw
 だって、PWの消費が高すぎr(gefu gefu

 まぁ愚痴言ってもしょうがないので、今回はこれまで。
 次回最終話をお楽しみに!

 追伸:始めの一行を手直ししました。
[PR]
by inuis31 | 2007-06-14 23:03 | 小説